歌の小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS さよなら

<<   作成日時 : 2010/08/10 18:37  

トラックバック 0 / コメント 45





弾き語り: めぐみ

一応弾き語りなんですが、ギターの音が全然聞こえなくて、
これなら、ア・カペラで歌えばよかったなんて…。
まだまだ練習不足な歌で、今まで貯めておいたんです。
私はもうすぐ結婚します。
この「さよなら」は、今まで私を育ててくれた家へ家族へ、
なんて、少しこじつけかな。

月別リンク

コメント(45件)

内 容 ニックネーム/日時
めぐみさん。
こんばんは。

僕には姉と弟がいますが、どちらも結婚しています。
僕はというと・・・・・(情けない)。
弟の時はもちろんですが、姉が結婚するときも寂しく思いませんでした。(まあ家も近いし)

めぐみさん、結婚おめでとうございます。
なんだか妹が結婚するような心境ですよ。
とても嬉しいのにちょっぴりさびしい感じでしょうか?
めぐみさんのことを何も知らないのにヘンですよね。

そうそう、めぐみさんの「さよなら」を聴いてとてもジィ〜ンとしてしましました。
なにかとても迷いがなくまっすぐな思いがダイレクトに伝わってくるようです。
あえて悲しみをたたえない歌声は聴く者にイメージを委ねます。
気弱になっている時は「悲しく」聞こえ、心が健康な時には「力強さ」が伝わってきます。
今の僕はすごく「力強さ」を感じるのでまだ大丈夫でしょうかね。

これから何かと忙しいと思いますが、
「めぐベスト」の完成にむけて(?)
新曲のリリースを期待しています。

それでは、また、ひっそりと。
そうた
2010/08/14 20:48
そうたさん。
こんばんは。

来てくださって、ありがとうございます。
もう1年あまり更新をしていませんので、
だれも、来てくださらないかと思っていました。

結婚への祝福のお言葉ありがとうございます。
私はいざ結婚というときになって、
気持ちがブルーになってしまい、
こういうのをマリッジ・ブルーと言うのだそうですね。
家族や家と離れるのが、悲しいのだと思います。

「さよなら」を聞いてくださって、うれしいです。
あんまりうまく歌えなかったので、投稿しないでいたんです。
でも、なんか、自分の気持ちにぴったりでしたので、
投稿しました。
結婚の迷いはありませんが、いろいろ未練があって、
迷いだらけの歌ではなかったでしょうか。

そうたさんが、「力強さ」を感じてくださったということは、
そうたさんの心が健康ということなんですね。
それなら、うれしいです。

「めぐベスト」は、遠い夢だと思いますが、
チャンスをみて、がんばります。
では、また、ひっそりとお出でくださいませ。

めぐみ
2010/08/15 19:51
めぐみさん
こんばんは

きっと、お歌は続けてくれるんだろうな、と勝手に思っているんですけど、
そのお部屋の響きは、サヨナラなんですね

この曲の
『僕らは自由だね・・』
と言う所が好きです

私はコンピューター屋さんで、自分の作品・製品をリリースするのが最後の努めとなります
最近まで、その言葉にあまり意味を感じて居なかったのですが、手元を離れて、自由に解き放つ、そんな気持ちでその日を迎えます
決して、その日は万全な面持ちではなく、不安一杯の日です。現に、その後も良くお電話掛かって来て、夜を徹してお世話します

めぐみさんのサヨナラを聴いていて、作品ちゃんも、サヨナラって云ってるのかしら、と感じました

それでは
りゆ
2010/08/18 23:39
めぐみさん、こんばんは。
僕はウォークマンに歌の小部屋の歌を入れてから、あまりここにはこなくなっていましたが、今夜は妻と下の子2人が外出で静かなので、久しぶりにパソコンで「秋桜」輪唱を聴こうかなとやってきました。

「さよなら」は時代を超えて長く愛され続けているいい歌ですよね。
めぐみさんの歌からもそのいいところがしっかり伝わってきます。とてもすてきですよ。

それから、たとえ結婚しても家族は増えるだけで、ずっと家族ですよ。
笑顔で「お世話になりました」を歌いましょう。
では、また。
75番
2010/08/19 21:08
りゆさん。
こんにちは。

「さよなら」を歌った意味は、ほとんどないのですが、強いていうなら、独身時代の自分に「さよなら」ということでしょうか。

「僕らは自由だね。」という言葉は、悲しい響がありますが、歌の中では、
ほろ苦いよさがありますね。

りゆさんは、コンピューターがお仕事だったのですか。
忙しくて、大変なお仕事であったことでしょうね。
ご自分の作品を世に出すお気持ちは、親が子を世に出す気持ちと似ていることでしょうね。

「さよなら」は、名曲ですね。
私のなんかより、小田和正さんの歌を聞いた方が、ずっといいです。
私もよく聞きます。

めぐみ
2010/08/28 13:16
75ばんさん。
こんにちは。

ウォークマンで、私の歌をときどき聞いてくださっていたのですか。ありがとうございます。

私の「さよなら」は、全然ダメなのですが、聞いてくださって、うれしいです。私は、声を張り上げると、声が割れてしまうので、そこが、今後の課題なんです。

結婚しても、家族がふえるだけ。その通りですね。新居は実家に近いので、
私の両親は特にそう思っていると思います。Sさんも、家族が増えてうれしいと言っています。
ウクレレもって「お世話になりました」を歌いに行くのは、グッド・アイデアですね。でも、歌った翌日にすぐまたお世話になりに行ってしまうかもしれません。(笑)
めぐみ
2010/08/28 13:26
めぐみさん、こんばんは。
『ケ・サラ』のところで、初めてコメントを差し上げたなすびです。
ご結婚されるのですね。おめでとうございます。

私、めぐみさんに歌ってほしいと思っている曲があるんです。『赤い屋根の家』という曲ですが、ぜひめぐみさんの声で聞いてみたいと思っていたのです。
今はお忙しいでしょうが、新しい生活が落ち着いたら、いつかきっと聞かせてくださいね。

お嫁に行くまで、どうぞ、ご家族と楽しい時間を過ごしてください。
なすび
2010/09/29 21:37
なすびさん。
こんばんは。
コメントをくださって、ありがとうございます。
なすびさんのことは、よく覚えています。

なずびさんにお聞きして、「赤い屋根の家」をYou Tubeで探して、聞いてみました。
いい曲ですね。いろんな人が歌っているのをききました。
ああ、世の中には、自分の知らないいい歌があるもんだなあと、つくづく思いました。

私に歌って欲しいというありがたいご依頼ですが、私もいつの日か歌うことが出来たらなあと思いました。でも、録音するのは、なかなか大変で、めったに成功しませんので、なすびさんのお願いをありがたくいただくことに今は止めておきたいと思います。
私の歌を気に入ってくださって、とてもうれしいです。ありがとうございました。

あ、結婚生活は、順調に進んでいます。
お言葉、ありがとうございました。
めぐみ
2010/10/01 21:31
めぐみさん
お久しぶりです。
かこですが、憶えていらっしゃいますか?

最近、広島の老人ホームにいる母からの電話で、姉が贈った「懐かしの歌」の本を見ながら、皆で歌っているそうです。

私は、昨年の春、病気をおして母に会いに行き・・・そのまま広島で入院!
私、実は1級の障害者で躁鬱病です。
高校の時には合唱部にもいました。

遅ればせながら、結婚おめでとうございます。

地震を期に、わたしも中断していたブログを再会いたしました。

もうひとつの貴女のブログの記事に感動し、こちらにコメントします。
どうぞ、お幸せに☆
そしてご自愛を♪  
かこ
2011/03/26 15:18
かこさん。
コメントをありがとうございます。

「歌の小部屋」は、つい覗くのを忘れてしまうことが多く、
遅いご返事になりましたことをお詫びします。

広島のお母様が、「懐かしの歌」のご本を見て、歌を楽しんでいらっしゃるのですか。それは、何よりですね。
歌は、それを歌った日々のことが、いっぺんに蘇ってきます。
お母様も、いろいろな時代のことを思い出しながら、歌ってお出でなのでしょうね。

かこさんは、1級の障害をお持ちなのですか。それは躁鬱病とは別の障害でしょうか。1級ですと、さぞご不自由な思いをされていることとお察しいたします。どうか、ご自愛くださいますように。

あ、私の結婚を祝ってくださり、ありがとうございます。
夫は阪神大震災を経験し、PTSDを持っています。
ですから、夫と障害者同士、なんとか支え合いながらやっております。

今度の地震は、行く末の想像もつかないほどの被害をもたらし、これからどうなるのだろうと、案じています。
かこさんは、その地震を期に、ブログを再開されましたとか。
今度URLを教えてくださいませ。

かこさん、お母様、お姉さま、みなさま、どうぞお体を大切になさり、
よい日々を送られますように、お祈りしております。

めぐみ
2011/03/29 21:45
めぐみさん、夫の兄が躁鬱病と診断され、色々検索しているうちにこのサイトにたどり着きました。

歌を聴かせて頂きました。
正直で切なくて真っ直ぐで何て良い歌なんだろう、と思いました。
胸に突き刺さる素晴らしい歌だと思います。

義兄の事もその家族の事もとても心配ですが、めぐみさんのように、ブログや歌で表現をしながら頑張ってらっしゃる方が居る事を知って、
何だか勝手に励まされました。

美しい歌をいつまでも続けて下さい。
ハジム
2011/09/14 00:05
ハジムさん。
はじめまして。
初めての方のコメントはとてもうれしいです。
ご主人のお兄様が躁鬱病なのですね。躁鬱病にも、いろんな方がいて、それぞれに症状が違うようです。私は躁になると、るんるんどころか、世の中全てに腹が立って、抗議行動なんかやりたくなるんですよ。
日記の方は、2年の休職をした後、職場復帰したとき、やっぱり辛くて、その思いで始めました。だから、初めの方の日記は、暗い内容が多いと思います。
でも、私のように、何だかんだ、やっていることを、励みに思ってくださって、私はとてもうれしいです。
躁鬱病は回りの人も疲れ果てます。
みなさま、どうぞご自愛くださいますように。
めぐみ
2011/09/15 10:54
めぐみさん、ご無沙汰しております。
こんにちは。

「つじあやのちゃんを愛する広場2」の読者がゼロに近くなったと書いてありましたが、僕は、平日は毎日見ています。
そのことを伝えるため、このお部屋のコメント欄をお借りします。

今朝、コメント欄がONになっていたので、コメントするか迷ったのですが、最初の注意書きには「OFFにしてあります」とあったので、私のコメントのせいで、また荒れてしまってはいけないと思い、結局しないでいたのでした。

コメントできないのは、物足りなく辛いことですが、仕方のないことだと思っていました。
自分でコメントせずに読んでいた初心(?!)を思い出して、これはこれでいいなぁと思って、楽しく読んでいたのですよ。

体調のこともあるでしょうし、無理はなさらないでほしいのですが、広場は続けてほしいと思います。
やめてしまったら、akiさんも悲しまれるでしょう。
こういうことを書くのは、3回目かもしれません。なんだかしつこくて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
ひだり
2012/06/06 12:48
ひだりさん。
ひだりさん。
こんばんは。

コメントありがとうございます。
こうして、お言葉をいただけるのは、久しぶりなので、今、胸がじーんとしています。
「広場2」には、いつも20人くらいのかたが、来てくださっていたのですが、
それが、ぐーと少なくなり、アクセス数が18になってしまいました。私が10、宣伝アクセスが5、まだ、3人くらいの方は、見てくださっていると思っていました。
それが、昨日アクセスが15になってしまい、引き算をして、ああ、ゼロになってしまったと思い、あんな文を書いてしまいました。もう少し夜まで待てば、ひだりさんのアクセスをいただけていたのですね。

コメント欄を一時ONにしました。
上にコメントはOFFですと書いておいて、
下は、こっそりONにしておいたんです。
でも、悪質コメントの人にばれる前にOFFにもどしました。ご心配をおかけしてすみません。

広場2は、続けます。
akiとの約束もあります。
そして、4年も続けてこれたブログを閉じるのは、あまりにも辛いです。

この「歌の小部屋」だけが、今コメントをいただける、唯一の場なんです。
悪質コメントの人が気づいているのか分かりませんが、まだ被害にあっていません。
だから、そっと秘密にしています。
来てくださり、ありがとうございました。
めぐみ
2012/06/07 18:23
めぐみさん、こんばんは。
私もずいぶんご無沙汰していました。

時々、めぐみさんのブログ記事にコメントしたいなぁと思ってはいましたが、
今回ばかりは「場面縅黙」「アクセスゼロ」記事を目にして、
どこで伝えたらいいんだろうと探していたところ、金さんブログ中でのやりとりで知り、こちらへやって来ました

私は、めぐみさんより長い期間「場面縅黙」児でした。
保育園(1年間)時代から小学5年生まででしたから。
(めぐみさんのブログ初期の頃にコメントしたかもしれませんが)

めぐみさんの心理分析「自意識が強い」に、
「そう!そのとおり!」と応えたいくらいです
でも、子どもの頃の自分の力ではどうしようもできないんですよね。

それで保母(当時の呼称)を志望した動機のひとつが、場面縅黙児がいた場合に私の体験を活かせないかということでした。

私の場合は、結婚して出産、子供が病弱だったため、保母の仕事は辞めたのですが、
めぐみさんの「歌のお姉さん」は「Good Job」です

「私が小さいとき場面縅黙だったことが、
このとき、やっと報われた」
私も本当にそう思います

そしてめぐみさんは、本当に良い伴侶とめぐり合いましたね

うちの息子も、今は結婚して2児の父親です。
からふる
2012/06/08 01:34
めぐみさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
気づいていただけるか不安だったので、とても嬉しかったです。

アルバムから1曲ずつ順番に書いていく企画ですが、少なくとも僕は楽しいです。
軽く聞き流していた曲にも新たな発見がありますし、アルバムの流れのなかで、その曲を考えるきっかけにもなるからです。
一回り大きくなって、原点回帰しようとしている(?)あやのさんを知るためにも、必要な作業かもしれません。
コメントなしで広場を続けていくことが、どんなに不安で大変なことか。
想像するに余りありますが、アクセスすることで、少しでもその不安が和らげばと思います。


いたずらコメントをしている方は、めぐみさんとコメント陣の温かい関係がうらやましくて、ますます火がついたのかなと、お見受けしました。
淡々と、あやのさんの曲の感想をやり取りしていれば大丈夫かな、と、
これは希望的観測ですが、そう思ったりもします。
とにかく、前のように、楽しく感想を言い合える広場が戻るといいですね。
それでは、また。
ひだり
2012/06/08 14:50
からふるさん。
こんばんは。
お久しぶりです。

からふるさんも、場面縅黙児だったのですか。
保育園の1年から5年生まで、長い間苦労されましたね。
自分からしゃべらないので、自分の欲求を伝えることを、あきらめなくてはならず、お困りのときが多かったと思います。授業中にトイレに行きたいときや忘れ物をしたときは、とても困りました。先生に言えなくて、我慢しなくてはなりません。
場面縅黙の子は、本当になんとかしてあげたいですよね。

私の場合は、小学校に上がったら、場面縅黙を忘れたかのように、おしゃべりをしました。それだけで、ずいぶん楽になったし、楽しくなりました。
(小学校は小学校で障害のため、辛かったのですが。)
からふるさんは、場面縅黙の子をどうにかしてあげたいと、保母を志望されたのですね。場面縅黙は、今は、かなり研究が進んで、段階的に自己表現ができるよう、プログラムができているようです。

病弱気味だった息子さんは、2児の父親ですか。
それは、よかったですね。
私は、今は家庭に入りましたので、「Good Job!」と言っていただくチャンスは減りましたが、いつかまた、そんな子とめぐり会うかも知れないと思っています。
M→からふるさん
2012/06/08 21:22
ひだりさん。
こんばんは。

このブログですが、ここのところは誰か来てくださってはいないかと、よく見るようにしていたんです。

アルバム順に書いて行くこと、悪くないでしょうか。私もやっていて、ほとんど聞いてない曲に出会ってたりして、新鮮な気持ちになれたりしています。また、あやのちゃんが、どんな気持ちで、曲順を考えたのか、それを計り知ることもできたりしました。
あやのちゃんは、今、原点回帰しようとしているのでしょうか。私も前回のライブで、そんな気がしていました。

コメントなしは、淋しいですが、見てくださっていることがわかれば、元気を出してやっていけると思います。
このブログは、新しいコメントが、一番下に来ますので、バレにくいようです。

悪質コメントの人のことを、「ブログ・ストーカー」というそうです。
いろんなタイプがあることを、今日ネットで調べてわかりました。
防ぐ方法は、今、コメントをOFFにするしかないようです。
淡々としたコメントのやりとりは、彼を刺激しないかもしれませんね。

M→ひだりさん
2012/06/08 21:39
めぐみさん、こんばんは。
不思議なことが起きました!
今まで、めぐみさんの広場は、「つじあやのちゃん」と検索しないとヒットしなかったのに、今、「つじあやの」と検索したら、広場があやのさんのブログよりも上に表示されたのです!
アクセス数が減っているのに、どうしてかなぁ。
「ありえないくらい奇跡」ですね。(「風になる」のウクレレバージョンは、このシングルCDにカップリングで入っています。)
なんだか、うれしい気持ちになりました。
あやのさんも気づいてくれるといいですね。

それでは、また。
ひだり
2012/06/13 20:44
ひだりさん。
こんばんは。

広場2が、あやのちゃんのブログの上ですか。それはうれしいです。でも、不思議です。私がSOSを出したとき、アクセス人数は7人しかなかったんです。だから、SOSも7人の方しかご覧になってないはずなのに、次の日に増えて、20人になってくれました。理由は分からないのですが、とにかくうれしいです。グーグルの順位って不思議が多いみたいです。
風になるのウクレレバージョンってやっぱりあるのですか。私の夢ではなかったのですね。それで、安心しました。私は、よく夢を本当と信じ込みますので。

あやのちゃんが、広場2を見てくれたらうれしいですけど、それは、夢の夢でしょうね。
うれしいことをお知らせくださり、ありがとうございました。これから、私も見に行きます。
めぐみ
2012/06/13 22:12
めぐみさん、こんばんは。

J君の2つの言葉。
本当に天使ですね

昨夜ブログを読んで、子どもだっためぐみさんの心中を思い、またJ君の存在に感動しました。

私も小学5年生の時に出会いがありました。

同じクラスのKさんが、一言もしゃべらない私に対して、毎日普通に語りかけてきてくれたのです。

はっきり記憶してないけれど、やはり隣の席になったのじゃなかったかな。
Kさんが何の先入観もなく、あまりにも普通に接してくれるので、自意識過剰でガチガチだった私の心も自然に解けたのでしょうね。

それからは、周囲ともだんだん話せるようになってきました。
小6の時には、「箸が転がっても笑う」状態になり、通知表に「私語が多い」と書かれたりしました。

Kさんは、授業中に気分が悪くなった子の嘔吐物を、さっと雑巾とバケツを用意して片付けるような子どもでした。
半世紀になる今でも、Kさんには心から感謝しています。
からふる
2012/06/15 20:17
からふるさん。
おはようございます。

からふるさんも、5年のとき、いい出会いがあったのですね。
そのKさんというのは、すばらしい人ですね。
牛乳をこぼした人のを、さっと拭いてあげる人はいましたが、
嘔吐したものを、さっと拭いてあげる人を、
私は、小、中学を通じで知りません。

Kさんは、人物だったのですね。
からふるさんは、Kさんの自然な態度で、
少しずつ、殻がとれて、お話ができるようになったのですね。
世の中に、そういう人がいるのですね。

私は、小学校になって環境が変わると、
すごくおしゃべりになりました。
からふるさんと同じです。
一端、おしゃべりの堰が開くと、
もう、後から後からしゃべりたいことが浮かんで、
クラスでもおしゃべりな子になってしまいました。

友達の力は大きいなと今でも思います。
私もJ君のことは、一生忘れません。
めぐみ
2012/06/17 08:23
めぐみさん、おはようございます。
いつも、このお部屋をお借りして、この部屋とは無関係なあやのさんのことを書いてすみません。

愛の真夏とShiny Day。
この2曲の評価は、大変難しいものだと思います。
僕は、正直なところ苦手な曲です。曲の世界が思い浮かばず、なんだかスーッと通りすぎてしまう印象を受けるのです。
でも、めぐみさんのおっしゃるとおり、あやのさんが脱皮をはかろうとした、大事な曲なのかもしれません。

曲のよいところを確かめる。そういえば、そうでしたね。後回しにして、この先の曲について考えてから、もう一度聴いてみるのも良いかもしれません。
続けるのが、つらくなってしまってもいけませんし、あまり気負わないでくださいね。
それでは、また。
ひだり
2012/06/19 08:38
ひだりさん。
こんにちは。

ここは、なぜか安全なので、ダメになるまで、お使ってくださるとうれしいです。
お言葉、ありがとうございます。
批判もファンの仕事の内かな…と考えて一度は書いてみたのですが、
あの2曲を好きでいらっしゃる方もいるだろうにと考えました。
批判は、専門家に任せて、私達は、よい所を見つけていくのが、無難であり、ファンとしての役割かなと思いました。
ひだりさんが、おっしゃるように、後回しにして、また帰ってきたら、もう一度聞いてみます。
肩の力を抜いてやってまいります。
ありがとうございました。
めぐみ
2012/06/19 16:33
めぐみさん、おはようございます。
春色のワンピースの鉛筆画、とても素敵でした。

いよいよ、「はじまりのとき」突入ですね。
僕は、去年ぐらいから、大人のあやのさんの曲も、素直に感動できるものが増えてきました。
Fly high,さよなら愛してる、Sweet Happy Birthday,gift song, 心の旅人。この辺が特に好きです。
めぐみさんが、どんな感想を書かれるか、楽しみにしています。
ひだり
2012/06/28 08:40
めぐみさん。
こんばんは。

去年の7月3日(日)、僕は岩手県でのウクレレ教室に行ってきました。
その翌日には石野田奈津代さんのライブにも出かけ、そのことをコメントしたところ僕は批判されることとなります。
「あなたはいい人だがコメントが長すぎるし無関係なことを書くべきではない」と。
それ以降、僕はこの件に関するコメントを一切書きませんでした。
何故なら、すぐコメントしようとするとどうしても感情的にならざるを得ないからです。
ですから、僕はこういうときは1年後にコメントすることにしています。
つまり、すでに何の感情もない状態の時に書くことにしたのです。

今回のめぐみさんのブログにおける一連の騒動に関して、僕が今までコメントしなかったのにも同様の意図があります。
まあ、書くとすれば1年後ですかね。

めぐみさんも参考になさってみてください。

ところで、ミニアルバム「はじまりの時」は思い出深いですね〜。
僕があやのちゃんファンになったのがこのアルバムが出たあとですから。
リアルタイムのあやのちゃんに追いついた、それこそファンとしての「はじまりの時」ですよ。
あの頃はひとりぼっちであやのちゃんファンをやってましたが、今はこうしてコメントできるのですからとても幸せです。ありがとうございます。

それでは、また、ひっそりと。
そうた
2012/06/28 19:26
さうたさん。
コメントをありがとうございます。
私にコメントをするのに、1年も間をおいてくっださったのですか。
それは、申し訳ないことだったと思います。

私は、今、ブログストーカーの被害にあって、誰に対しても疑心暗鬼になっています。だれも、信じられないのです。
ストーカーは、その人の文体まで研究し、その人に成りすまして、私にコメントを送ってきます。

この今でさえ、そうたさんのコメントが、ストーカーによるものかも知れないと、心の隅で思っています。
現に、そうたさんのコメントのすぐ上に、ストーカーのコメントがあります。
そういう私の今の心中をお察しください。

そうたさんは、「はじまりの時」であやのファンになられたのですね。
私が、今書いていてよかったと思います。

実は、今、ブログを閉鎖しようと考えていて、迷っています。
6年も続けた日記です。でも、こんなことで、生活を乱されるのは、
たまらないと思っています。
ブログを閉鎖すれば、ストーカーは、バンザイをするでしょうね。
私には、とても悲しいことですが。

めぐみ
2012/06/29 10:31
連続投稿となり、申し訳ありません。
この部屋にもいたずらが来たのを見て、めぐみさんが続けられるのは、状況的に非常に厳しいなと、思いました。
僕のコメントもいけなかったかな、そうたさんのように沈黙を守っていればと、反省しています。

めぐみさんの文章を読むことで、何度も救われてきたので、今まで、めぐみさんに広場を続けるよう、繰り返しお願いしてきました。
めぐみさんに負担がかかるのは承知のうえで、めぐみさんの文章を読みたいという僕の望みをとおすために、主張しました。

でも、これ以上、めぐみさんに負担をおかけすることはできないなと思いました。
僕はもう、続けてほしいとは言いません。
広場にはお邪魔しますが、この部屋にコメントをするのも、この騒動が完全に沈着するまで控えます。
もしめぐみさんがブログを閉鎖されるなら、
「今まで、心にしみる素敵な文章を、ありがとうございました」
と心からお礼を言いたいです。
ひだり
2012/06/29 15:53
ひだりさん。

涙のでるようなコメントをくださり、
ありがとうございました。

ここのところヤプミーの2,3人がストーカーだったことのショックで、
かなり参っていました。
せっかく鬱が治ってきていたのに、少し戻ってしまいました。

ブログは、全部のブログを含め、もう止めてしまおうかと何度も思いましたが、今、ギリギリのところで踏みとどまっています。
広場の方も、アクセスが0だったところから、やっと80になったんです。
ここまできたのに、今止めるのは、くやしいなあと思っています。

ひだりさんのお言葉は、励みに思っていました。
そうでなければ、アクセス0のときに止めてしまったかも知れません。
私は、あやのちゃんのブログは、最後のアルバムまでは続けたいんです。

この騒動は、沈着しないと思います。
ストーカーは、あと何年でも続けてくると思います。
だから、私は、ストーカーされ続けても、やっていこうと思っています。
といっても、ある日突然止めたくなったりするかも知れませんが。
もう少しがんばります。
温かなお言葉、ありがとうございました。
めぐみ
2012/06/29 20:47
めぐみさん、おはようございます。
こちらこそ、温かいお言葉、ありがとうございました。
ストーカーは1人でなかったのですか。それはショックですね。
僕の言葉が励みになっていたなら、良かったです。
プレッシャーをかけていたことに、多少の罪悪感も感じていましたので。
めぐみさんの決意のお言葉を聞いて、元気をもらいました。

そうですね、「虹色の花…」まで、続けたいというお気持ちもよくわかります。
あやのさんは、今創作活動中のようですので、そのあいだに、新しいアルバムが出たりして(笑)
とにかく微力ながら応援していますね。
ひだり
2012/07/02 08:29
ひだりさん。
おはようございます。
ストーカーは、あくまで、一人だと思います。ここは、ストーカーが毎日見ていますので、それ以上言うのは、ひかえますね。
私の決意なんて、いい加減で、午前中は、自分がもう消えてしまいたいと思って闘っています。午後になって、やっとその気持ちを押えて、なんとか凌いでいます。私は、夫がいて、両親や弟がいます。みんなを悲しませることは、できません。
あやのちゃんブログは、もう4年になります。躁鬱病の方は6年になります。これだけ続けたものを潰したくないという気持ちだけでやっています「虹の花・・」までは、やりたいです。応援ありがとうございます。
めぐみ
2012/07/02 09:21
はじめまして。ふたばといいます。
3〜4年くらい前からブログを拝見させて頂いていて、幸せの黄色いハンカチの行く末を見守った1人です。
そしてめぐみさんの書く文章の大ファンの者です。
今あちらのブログにコメント出来ないので、こちらの方にコメントさせて頂きました。

今までブログを見ていてもなかなかコメント出来なかったのですが、どうしてもめぐみさんに伝えたくて、勇気を出して初めてのコメントさせて頂きますね。

めぐみさん。絶対にブログやめないで下さい!
私はめぐみさんの書く文章が大好きです。
めぐみさんの文章を読んでいると、時にはエッセイ、時には短編小説を読んだかのような気持ちになります。
嬉しかったり、悲しかったり、楽しかったり、ワクワクハラハラしながら読むことも…
先日のK君のお話では、実際に泣いてしまいました。
そして今日のメロンパンのお話では途中で涙、最後はホッコリした気持ちになりました。
めぐみさんの文章能力は本当に素晴らしいと思います!
私は毎日めぐみさんのブログの更新を楽しみにしています。
なのにストーカーのせいでめぐみさんがブログをやめてしまうのは本当に悲しい…
もしめぐみさんがブログをやめてしまったら、もうこの思いを伝える事も出来ない!
そう思って、今回勇気を出してコメントさせて頂きました。

私はめぐみさんの文章のファンですが、歌のファンでもあります。
まためぐみさんの新曲も是非聞いてみたいです!

他にもめぐみさんに伝えたいこと沢山あるのですが、あまり長々と書くのも失礼なので、この辺にしておきますね。

私はめぐみさんのブログに支えられてきました。
早くストーカー被害が落ち着いて、またコメント機能をオンにして、楽しくブログを出来る日が来るのを祈っています。
ふたば
2012/07/05 17:09
めぐみさん。
こんばんは。

7月になって、すっかり「愛の真夏」らしく暑くなってきましたがいかがお過ごしですか?
体調など崩されてませんでしょうか?

1つお知らせがあります。
今日、会報が届いたのですが、なんとライブのお知らせが入っていました。
まだ公表前の情報なのでボカシますが、何月なのかは「耳を澄ませば聞こえてくる」ような気がしますね。場所は・・・ズバリ・・・エレベーターで上る元キャバレー!(もうバレバレですね)

僕はライブが決まると、それ心の支えとしてライブまでは何とかガンバロウと考えています。
僕はファンになって、そしてめぐみさんのブログに出会って大分変わりましたよ。
それまで、東京までしか出かけなかったのが、ライブを観に京都、大阪、名古屋、長野、仙台、岩手と遠出するようになりました。正直、新幹線に乗ったのは修学旅行以来だったんですよ。
めぐみさんには大変感謝しています。

そんなわけですから、お互いボチボチとまいりましょう。

それでは、また、ひっそりと。
そうた
2012/07/05 23:09
めぐみさん、おはようございます。

「揺れる夜、愛に抱かれて」。僕は、この曲大好きで、よく聴きます。去年のライブで歌われたときも大興奮でした。

この曲は、「愛する」ということを追求するあやのさんには珍しく、「愛される」をテーマにした曲だと思います。
男の子の求めをいなしながら、そんな彼が可愛くて惹かれてしまう。そんなお話ではないでしょうか。
大人の女性なのに、どこか天真爛漫なところもあり、新しいあやのさんの魅力を感じました。
ウクレレとストリングスが絡み合うアレンジも素敵です。
僕は、こんな感想を持っています。ご参考までに。
ひだり
2012/07/06 08:40
ふたばさん。はじめまして。

私や、私の書いたものを誉めてくださり、ありがとうございます。
ブログを止めないでほしいというお言葉も、ありがたく頂戴いたします。
実は、今、私の心はぼろぼろなのです。
今日やめようか、いや、1日がんばって明日やめようかと思う毎日です。
これは、ブログ・ストーカーからのストレスにほかなりません。
ストーカーから、私は、幾度となく「なりすまし」のコメントを浴びせられました。その結果、ブログにまつわるどなたからお言葉をただいても、それが、ストーカーのなりすましコメントかも知れないという気持ちが拭えないのです。こうして、ふたばさんに書いていても、私は、ストーカーに書いているのかも知れないと、疑いの心でいます。これは、とても深刻なもので、
もう、治らないと思います。今となっては、コメント欄をONにしても同じことです。すべてのコメントをストーカーによるものと思い、心からご返事を書くことができません。とてもつらいことです。
今のストーカーがいなくなっても、第2のストーカーがくるでしょう。
それに脅えながら、するくらいなら、もうスパッとネットの世界から足を洗った方がいいように思っています。
疑心暗鬼となった心は治ることは、ありません。
ストーカーが、「もう、しないよ。」と言ったとしても、治らないと思います。
まだ、私はましです。ネットの中だけですから。これが、リアルの世界でもそうなってしまったら、私は生きていけません。
以上のような理由です。まだ、もう少しがんばるかも知れませんが、近い将来、閉鎖することとなるかと思います。お察しくださればうれしいです。
めぐみ
2012/07/06 13:57
そうたさん。
こんにちは。

そうですね。「愛の真夏」になりそうですね。

体調なのですが、ちょっとアウトなんです。

ライブが予定されているのですか?
いつもなら、年末に1度なのに。
場所は、鳥の鳴き声のところですか?

ライブってそうですね。
ほんとにそれを励みにがんばろうという気になりますね。
1週間前から、心臓がドキドキしてきますよね。

まあ、私のブログなどが、活躍できたのでしょうか。
うれしいです。
そうたさんは、ファンの鑑のような方ですものね。

はい。ぼちぼちと。

ひっそりと。
めぐみ
2012/07/06 14:35
ひだりさん。
こんにちは。

ひだりさんは、「揺れる夜、愛に抱かれて」がお好きだったのですか?
私はどうも苦手で、好きになろうと何度も聞いたのですが、
ついに、ギブアップしました。

ひだりさんの感想を拝見して、なるほどと思いました。
後からですが、本文に、ひだりさんのお言葉を引用させていただいてもいいですか?
もう、大いに参考にさせていただきます。
ありがとうございます。

めぐみ
2012/07/06 14:41
めぐみさん、お返事ありがとうございます。
めぐみさんは苦手な曲だったのですね。
めぐみさんとは、割と好みや感想が近いように思いますが、感想が違っても、いろんな感じ方があって面白いなぁと思います。

ひとりよがりな感想なのですが、なるほどと思っていただけたなら、光栄です。
引用もちろんOKです。
それでは、また。
ひだり
2012/07/06 17:11
もう、お許しを聞かず、全文引用させていただきました。すみません。私としては、助かりました。ときどき、こうやって、交代で書くのもいいな、などと思いました。その曲が一番好きな人が書く…というふうにできたら、いいのになあ…。
めぐみ
2012/07/06 21:24
めぐみさんこんばんは。
お久しぶりです。
覚えてくださってるかわかりませんが、
だいぶ前に、めぐみさんのブログに何度かコメントさせて頂いた者です。

「もうコメントしないで」って言われてるのに
ブログ閉鎖の記事を読んで、
どうしても抑えられなかったんです。
ごめんなさい。

コメントしていなかったけど、
ずっとずっと読ませてもらって
ほっこりしてました。楽しみにしてました。

ブログ閉鎖の決断、誰よりも辛いお気持ちなのは
当然めぐみさんですよね。。
ほんとにほんとにおつらいですね。
疑心暗鬼になってすべてを疑わないといけないなんて
ほんとに疲労困憊してしまいますよね・・・。

以前にコメントした時も同じようなこと言ったと思いますが、
「なにごとにも定められた時がある」。。
聖書の言葉です。

今はブログお休みして、
傷ついた心を癒す時なのかもしれないですね。
リアルな生活を今まで以上に充実していかれて
また「ケセラセラ♪」な気持ちになられたら
ひょっこりと再開してくださいね。

きっとそうなるって信じてます♪♪


偉そうに色々言ってごめんなさい。

めぐみさん、またねー(^o^)♪♪







pucchi
2012/07/07 23:29
めぐみさん、こんばんは。
以前何度かブログにコメントさせてもらった者です。
閉鎖されるということで居ても立ってもいられなくなりこちらにもコメントさせて頂きました。
このコメントでも疑わせて恐がらせたら申し訳ありません。
でもどうしても伝えたくて…我慢できないことをお許し下さい。
もう五年ほど前からめぐみさんのブログを読ませて頂いてました。
精神的に本当に辛い時、めぐみさんの言葉にホッとしたり元気を貰ったりしていました。
めぐみさんが今の旦那さんと気持ちが通じ合った時の日記では、嬉しくて涙が溢れて止まらなくなりました。
めぐみさんは今まで辛い思いをしてきた分、いっぱい幸せになるのだなと感動しました。
そしてこれからもずっと変わらない幸せに囲まれていてほしいです。
寂しくて今も泣いているのですが、めぐみさんがより幸せになる道を私も選んでほしいです。。
めぐみさんの幸せをずっとずっと祈っています。
貴女の言葉で私も幸せを沢山もらいました。
めぐみさん、本当にありがとうございました!
のん
2012/07/08 01:37
昔研も閉鎖になってしまって残念!
毎日、楽しかったのにな・・・。
また再開してくれること 待ってますね。

昔の抒情歌(童謡)いいですね。
「埴生の宿」なんかも聴いてみてくださいね。
映画「ビルマの竪琴」を思い出します。

「お〜い 水島ぁ(こっぺさんも)〜 戻ってこ〜い・・」

甘いもの食べて で○すのんで私も人生後半しぶとく生きていきます。
こっぺさんも がんばってね・・昔研はときどき覗きにいきますので・・

ゲンさん
2012/07/08 12:04
pucchiさん。
お久しぶりです。
「時がきました。」
今は、フリーになって、いろいろ泳ぎまわろうと思います。
苦しいときに、すぱっとコメントをくださって、感謝しています。では、また。
めぐみ
2012/07/08 14:42
のんさん。
そんなに昔から読んでくださったのですか。
ずっと見守ってくださったのですね。
ことらこそ、ありがとうございます。
少し、休めば元気になると思います。
のんさんも、どうかお元気に。
めぐみ
2012/07/08 14:44
ゲンさん。
お世話になりました。ゲンさんが着てくださらなかったら、あんなに続かなかったとおもいます。
「埴生の宿」水島〜。悲しい映画でした。
あれ、イギリスの歌なんですよ。日本の歌みたいですよね。
わたしも食べるもの見つけて元気になります。では、また!
めぐみ
2012/07/08 14:48
さよなら 歌の小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる