歌の小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラザー軒

<<   作成日時 : 2008/02/03 15:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0





これは、私の歌ではありません。
フォーク歌手高田渡さんが、生前にNHKホールで歌われたものをアップしました。
詞は、昭和初期の異色の詩人・菅原克己のものです。
七夕の夜に氷を食べていると、死んだ親爺と妹が氷を食べに来るという、幻想的な詩です。
貴重な歌だと思い、ここにナイショで投稿いたいます。

月別リンク

ブラザー軒 歌の小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる